増える大腸がん患者【早期治療が命運を分けるということを知ろう】

腹痛

早期発見できる咽のガン

病院

咽頭がんは症状が出やすいので早期発見しやすいガンです。できる部位によって症状の出方が違っており、治療法も異なってきます。再発しやすいガンなので定期検診が必要です。今後は放射線治療と抗がん剤治療を併用した放射線化学療法が主流になります。

子宮の入り口付近のがん

医者

子宮頸がんは早期発見し、あまり進行していなければ膣から器具を入れ子宮頸部の一部を切除する手術だけで済みます。しかし、初期の自覚症状がほとんど無く見過ごされてしまう癌なので定期的な検査がとても重要になります。

胆道の知識と発症原因

腹痛

胆のうは、十二指腸と肝臓の途中にある胆汁の保管庫のようなものです。ここで一時的に蓄積された胆汁が胆道を通って十二指腸に向かい、食べ物を消化してくれます。胆のうがんは、この胆のう部分にできるガンのことです。その発症原因もさまざまあります。

日本人に増えているガン

患者数が増えている大腸がんを治療するなら、最新治療法を調べてみましょう。有効成分を含むサプリも、こちらで豊富に紹介しています。

術後の経過も早いから安心。鼠径ヘルニアの手術を受けるなら、多くの症例数を誇るクリニックで診察と治療を受けましょう。

腸に起こるガン

女性

大腸がんは、日本人でがん死亡率が増え続けている病気だといわれています。実際、大腸がんによる日本人の死亡率は男性では肺がんなどに次いで第3位です。女性は、死亡する原因の第1位に挙げられています。大腸がんの主な症状は、血便、下血、下痢と便秘が繰り返される、腹痛、貧血、体重減少などです。また、ガンが進行して腸の内部に腫瘍ができると、便の形に異常が出ることがあります。大腸がんというのは、初期の段階では確実に治すことができます。しかし、症状が進行してしまうと、肺や肝臓に転移することが多いです。そのため、治療が難しくなり、死を招く可能性が高くなります。ですから、自分の健康を守りたいならば、病院での定期健診が大事です。

具体的な検査の方法

大腸がんは、早期発見、早期治療によって確実に治せる病気です。病院での大腸がんの検査方法は、まず便潜血検査というものが行われます。これは、血液を採取して、がんを発見する方法です。統計によると、大腸がん患者の約30パーセントがこの検査をきっかけにがんが発見されています。その他の検査方法として、カメラで直接大腸の中を見る内視鏡検査があります。これは、肛門から直接、細い内視鏡カメラを挿入する検査です。少し痛みを感じるので、体への負担は少なからず有ります。しかし、医療技術の向上で、カプセルを飲んで腸を調べる方法も有ります。そして、最後の検査方法が直腸診検査です。これは、医者が肛門から指を挿入して腫瘍を確認する検査です。検診を受けるのは嫌だと思う方が多いですが、自分の体のために定期的に受けたほうが良いです。

城東区の内科で魅力ある治療を受けませんか?体の不調をしっかり整えることが大事です。年齢を重ねる前に検診習慣をつけましょう。

どうしても発見しにくいといわれる胆のうがんの転移や進行を抑えるためにもNK細胞療法を受けることをオススメします。