増える大腸がん患者【早期治療が命運を分けるということを知ろう】

腹痛

早期発見できる咽のガン

早期治療で完治できます

病院

治療法の進歩により、今ではガンは早期治療をすれば治る病気になっています。特に咽頭がんは初期の段階で症状が出やすいので、早期発見がしやすい特徴があります。主な症状としては、急に声がかすれたり声が枯れたりします。また咽の痛みが出たり異物感があると咽頭がんの初期症状の可能性があります。また首にしこりができたり、食べ物を飲み込みにくくなったりする時も注意が必要です。咽頭がんはできる部位によって症状が違ってきます。声帯にできるガンを声門ガンといいますが、声がかすれたり枯れたりする症状が出ます。声門ガンの場合は比較的早期発見がしやすいのです。しかし声帯よりも上や下にできると症状が発見しにくく、早期治療が難しいこともあります。

手術をしない最新の治療法

咽頭がんの治療法は手術による切除法が一般的ですが、声帯より上の上咽頭がんの場合は脳神経に近いため手術ではなく放射線治療が行われます。ただし放射線治療後に病巣が残った場合は、頸部リンパ節を手術で切除します。声帯より下の下咽頭がんの場合は手術がメインの治療法になります。頚部の手術なので食道を切除することがあるため、発声や食事をするのが困難になるケースがあります。この場合は小腸の一部を移植して再建する手術も行われます。咽頭がんは再発しやすいガンなので、タバコやアルコールは控えて定期的に検診を受ける必要があります。また最近では放射線治療と抗がん剤治療を併用する放射線化学療法が成果を上げているので、今後はこの治療法が主流になっていきます。